ゴムクローラーの交換方法(コンバイン用)


コンバインをお使いの方は以下のような場面にあったことはありませんか?

 

  • コンバインのゴムクローラーが劣化してきて交換時期だと感じる
  • 急にゴムクローラーが破損してしまった

 

このような場面に遭遇するも、自分で交換したことないし、かといって業者に頼むのも時間もお金もかかるし…。普段からコンバインを使っている方ならこんな悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

 

時間とお金に余裕があったら業者に修理を依頼することもできますが、自分で交換できたら時間もお金も節約できます。

 

そこでこの記事では、業者に依頼しなくても自分でゴムクローラーを交換する方法を紹介します。実際に手順を示しながら初心者にもわかりやすく解説しますので、ご安心ください。

 

一度手順さえ覚えてしまえば、次回以降も自分でゴムクローラーを交換するようになりますので、ぜひご一読ください。

1. 必要な工具を準備する

まずはゴムクローラーの交換に必要な以下の工具を準備しましょう。

 

  • ジャッキ

コンバインを持ち上げるために使うものです。車のタイヤ交換等でも必ず必要になるので馴染みがある方も多いと思います。

 

  • ジャッキベースまたは角材

ジャッキでコンバインを持ち上げたあと、降下を防ぐために固定するために使います。安全のためにも必ず設置しましょう。

 

  • レンチ

ボルトやナットを回して固定するための道具です。

レンチは大小・形など種類が多いので、コンバインの部品にあったものを用意しましょう。

 

  • ハンマーもしくは掛矢

ゴムローラーの取り外しに使用します。長年使用してきたゴムローラーは、泥や土がこびりついて固くて動かないこともしばしばあります。ハンマーもしくは掛矢を使って緩めながら作業しましょう。

 

  • カナテコもしくはバール

ハンマーで緩めたゴムローラーにカナテコやバールを噛ませた状態でキャタピラを回すことでゴムローラーが外れやすくなります。

 

  • 潤滑オイルスプレー

潤滑オイルスプレーはテンションボルト・伸縮部の滑りを良くする効果があります。長年の使用で部品同士の接続部分サビついている場合がありますので、スムーズな作業を進めるためにも用意しておいた方が良いです。

2 .ゴムクローラーを取り換える前の確認作業

ゴムクローラーの交換は、地盤がしっかりとしている水平なアスファルトやコンクリートで、十分な作業スペースを確保して行なってください。地盤が土など柔らかい場所だと作業中にバランスが崩れて事故が起きる可能性があります。

 

小型のコンバインであれば一人でもできますが、中型以上のコンバイン、もしくはゴムクローラーの交換を初めてするという初心者は必ず二人以上で作業してください。

 

なお、エンジン作動中の作業は非常に危険ですので、エンジンが停止していることを確認してから作業しましょう。

 

やむを得ずエンジンをかけたままで作業をする際はブレーキをかけ、変速等をニュートラルにするなどし、十分に気をつけて行って下さい。

 

作業開始前にゴムローラーをきれいな状態にしておくことも大切です。表面の土や泥は、あらかじめキレイに取り除いで作業がしやすい状態にしておきましょう。

 

また、長年使用し続けてきたゴムクローラーは、コンバイン本体との間に小石が詰まっていたり、サビついていたりと取り外しにくい状態になっていることが多いです。

 

取り外し作業がスムーズにいくように潤滑オイルスプレーを吹き付けておきましょう。

3 .ゴムクローラーを交換する6つのステップ

 

ゴムクローラーを交換する6つのステップのイメージ画像

 

上記の確認作業を確認しながら準備ができたら、さっそくゴムローラーを交換していきましょう。

 

ここではゴムクローラーを交換する6つのステップを紹介します。

 

  • ステップ1 機体を持ち上げる
  • ステップ2 アイドラー調整ボルトを緩める
  • ステップ3 ゴムクローラー内側の芯金部を各ローラーから外側に外す
  • ステップ4 スプロケット(駆動輪・山がある方)にゴムクローラーの芯金(リンク)を掛ける
  • ステップ5 部品及びアイドラー調整ボルトを戻しながらゴムクローラーを張る
  • ステップ6 最終確認をする

 

以上が6つの作業ステップです。では一つずつ詳細を説明していきます。

ステップ1 機体を持ち上げる

 

機体を持ち上げるのイメージ画像

 

はじめにゴムローラーを交換するため本体を持ち上げます。

 

エンジンが停止していることを確認したら、交換するゴムローラーの片足にジャッキを使用して地面から浮く位置まで持ち上げます。ただし、2~3cmでは作業するのに幅が狭すぎるため、地面とゴムローラーとの間に最大で約10cmの隙間を作るようにしましょう。

 

反対に10cm以上持ち上げ過ぎてしまうと、機体のバランスが崩れて転倒する危険があるので、ゆっくりと必要な分だけ持ち上げます。

 

持ち上げたら忘れずに、ジャッキベースまたは角材を使って固定し、降下防止対策をおこなってください。ジャッキベースまたは角材を使って固定するまでは、本体の下に手や足を挟まないように十分に気をつけてください。

ステップ2 アイドラー調整ボルトを緩める

 

アイドラー調整ボルトを緩めるのイメージ画像

 

アイドラー後方にあるアイドラー調整ボルトを緩めます。

 

アイドラー調整ボルトは通常だと緩み止め・ロックピンなどで緩まないように固定してあります。緩み止めやロックピンで固定してある場合は、作業するためにまずそれを外します。

 

機種により、アイドラーを戻す際、ガイド部品に干渉する場合があります。干渉する場合は、事前にガイド部品を外した上で、アイドラー調整ボルトを回してください。

 

その後、アイドラー調整ボルトを緩める前にアイドラー付近に付着している泥や砂利を取り除きます。

 

また、アイドラーの回りをよくするため、潤滑オイルスプレーを吹き付けると作業がよりスムーズに進みます。ご自身のアイドラーの状態を確認し、必要であれば吹きかけてから作業してください。

 

なお、アイドラーはかなり重量がある部品です。

 

そのため取り扱う際は必ず軍手などを装着して手を保護しながら、落下にも十分注意して、アイドラー調整ボルトを完全に緩め、アイドラーが最後部(一番戻る場所)まで戻しこんでください。

ステップ3 ゴムクローラー内側の芯金部を各ローラーから外側に外す

 

ゴムクローラー内側の芯金部を各ローラーから外側に外すのイメージ画像

 

完全にゴムコローラーがたるんだことを確認したら、ゴムクローラー内側の芯金(リンク)を各ローラーから外側に外していきます。

 

ゴムクローラーは見た目以上に重さがありますので、ゴムクローラーの転倒や手足が挟まれないように十分気をつけて作業しましょう。

 

緩みが足りない場合は、ゴムクローラーを少し揺らしてずらしたり、隙間を作るように工夫してください。外すときのポイントは内側から外側に力を入れていくことです。

 

十分な緩みがある場合は、手で動かしてOKですが、歯車部分に引っかかって動きにくい場合は、ゴムクローラーをゆっくりスライドさせましょう。

 

力で一気に外そうとせず、バールやカナテコを機体の内側にから入れて、ゴムローラーを浮かせます。このとき接触部分を支点とし、てこの原理を使うことで余分な力を加えなくても外れやすくなります。

 

ゴムクローラーを外したついでに各部の点検をしましょう。

 

<確認すべきポイント>

  • 破損
  • ローラーの回り
  • ガタ
  • アイドラーの摩擦

 

上記を確認しながら適宜、可動部および回転部に潤滑オイルスプレーを吹き付けてください。泥などの付着がひどい場合には洗車をおすすめします。

 ステップ4 スプロケット(駆動輪・山がある方)にゴムクローラーの芯金(リンク)を掛ける

 

スプロケット(駆動輪・山がある方)にゴムクローラーの芯金(リンク)を掛けるのイメージ画像

 

機体によってはゴムクローラーに前後の向きが決まっています。前後の正しい向きを確認した上で、機体の横にゴムクローラー置きます。

 

新しいゴムクローラーを掛ける際は、スプロケット(駆動輪・山がある方)にゴムクローラーを掛けます。

 

しっかり収まるよう、芯金(リンク)を中心部に合わせるように引っかけます。反対側も一緒にはめ込むことは難しいので、まずはアイドラー横にゴムクローラーを引っ掛けます。

 

続いて、ローラー部に芯金(リンク)をはめ込んでいきます。

 

一般的に新品のゴムローラーは、これまで使用していたゴムローラーよりも硬い状態です。はめ込む際は、てこの原理を使って機体の外側からゴムクローラー内部にバールや長めの金属パイプを入れ込んで機体の内側へ向けてゴムクローラーを押し込んでいきます。

 

この時、一気にはめ込もうとせず、全体のバランスを見ながらゆっくりと押しながらはめていくのがポイントです。

 

もう少しではまりそうだけど、完全にはまらない…というときは、エンジンをかけてはめ込む方法があります。エンジンをかけてゴムクローラーを少しずつ回して動きをつけはめ込みます。一人が運転、一人がはめ込む係と分担することをおすすめします。

 

手足を挟み込まないように安全には十分に気をつけ、慎重にはめ込んでいくようにしてください。

ステップ5 部品及びアイドラー調整ボルトを戻しながらゴムクローラーを張る

 

部品及びアイドラー調整ボルトを戻すのイメージ画像

 

各部芯金(リンク)が収まったら、外しと反対の工程で部品を戻していきます。

 

アイドラー調整後では入らなくなってしまう部品もあるので、アイドラー調整ボルトを戻す前にもう一度確認するようにしましょう。

 

部品を全て戻し終わったら、最後にアイドラーを戻し、ゴムクローラーを張ります。アイドラーはボルトを回すだけでは戻らない機種もあります。アイドラーの遊び、下部ローラーの遊びがないことを確認し、最後に緩み止めボルトまたはピンを取り付けます。

 

先ほども触れましたが、アイドラーはかなり重たい部品です。張る時もゆっくり慎重に作業するようにしてください。

 

これで一連の作業工程は終了です。

ステップ6 最終確認をする

さて、ゴムローラーを張り終えたら、最終確認に入ります。

 

以下の点を再度確認してください。

 

  •  芯金はきちんと収まっているか
  •  アイドラーは緩み止めボルトできちんと固定されているか
  •  ゴムクローラーの張り調整 (適切な緩みがあるかどうか)

 

ゴムクローラーの張り調整は、一般的には中央部の下部ローラーとゴムクローラーの接地面は指2本程度あいている状態が推奨です。自動水平機能(リフト機能)が付いている機体は、地上高を最低位置(通常位置)にして指2本です。

 

新品のゴムクローラーを装着後、なじんでくると、ゴムクローラーは多少、伸び縮みします。特に新品時は初期なじみにより、伸びる傾向があります。

 

装着後は、随時確認して、張り具合を小まめに調整しましょう。ゴムクローラーの寿命を延ばすとともに、機体の寿命も延ばすことにつながります。確認して問題がなければ、新しいゴムクローラーで実際に試し運転をしてみましょう。

 

<試運転でのポイント>

  • 運転に支障のない広い場所を確保する
  • 異音がないか
  • 異様な振動はないか

 

上記の項目を確認しつつ、前後進など数メートル運転してみてください。異常がない場合は問題なくゴムローラーは取り付けられている証拠です。

 

これで、交換作業のすべての工程は終了です。

 

お疲れ様でした。

まとめ

今回はコンバインのゴムローラー交換について手順を紹介しました。

 

初心者の方でもこのステップを踏めば業者に頼まずに自分でゴムクローラーを交換することができます。

 

しかし、繰り返しになりますが、ゴムクローラーの交換は危険を伴う作業です。初心者の方は、お持ちのコンバイン機種に必要な交換部品を確認した上で、必ず二人以上で作業するようにしてください。

※作業工程中に予定通りの作業ができなかったり、何か不具合を感じた場合は無理をせず、修理工場などに相談するようにしましょう。個人では解決できない故障もあり得ます。

 

また、装着後もゴムローラー定期点検をすることでより長く安全に使用することができます。

 

泥・小石を取り除くなど日頃のメンテナンスをすること、また使用頻度に応じて、外れがないか、伸びて緩んでないかを点検しましょう。

 

コンバイン、トラクターのゴムクローラーは外見の摩耗より、芯金部の摩耗が早くきます。外見はまだ山があり、使用できるように見える場合でも、内側の摩耗によって、ゴムクローラーが突然切れたり、外れることがございます。

 

芯金部分の亀裂や摩耗の有無を確認し、作業の時期もふまえて、早めの交換をおすすめします。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。