ゴムクローラーの交換方法(トラクター用)


田畑を耕すときに欠かせないトラクターですが、日々使うたびにゴムクローラーが傷んでしまい、そろそろ交換時だと思っても、どう交換すれば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか?

 

ゴムクローラーが破損した場合は、業者などに交換を依頼して新しくしてもらう方法もありますが、どうしてもすぐに使用したい場合、自分でゴムクローラーの交換を行うのも一つの方法です。

 

しかし、初めての方は自分でゴムクローラーを交換することを考えただけでも大変だと思うかもしれません。

 

でも、実は注意点をしっかり意識しながら正しい方法で交換をすると思ったほど大変ではなく、業者に交換を依頼しなくても交換することができます。

 

今回は、そんなトラクター用のゴムクローラーの交換方法について紹介していきます。

 

それでは、必要な工具や交換の手順など詳しく解説していきます。

1.必要な工具を準備する

ゴムクローラーの交換にはいくつかの工具が必要になります。まずは、ゴムクローラーの交換に必要な工具を揃えることから始めてみてください。

 

  • ジャッキ

トラクターを持ち上げるために使うものです。車のタイヤ交換等でも必ず必要になるので馴染みがある方も多いと思います。

 

  • ジャッキベースまたは角材

持ち上げた機体がゴムクローラーの交換中に降下してくるのを防止するため、ジャッキベースや角材で固定します。

 

  • レンチ

レンチボルトやナットを回して固定するための道具です。レンチは大小・形など種類が多いので、現在、ご使用中の機体にあったものを用意しましょう。

 

  • ハンマーまたは掛矢

ゴムクローラーを使い続けているとアイドラー内部のサビや泥が固まっている場合があります。そのような場合にハンマーや掛矢を使用し、サビや泥を落とします。

 

  • カナテコまたはバール

ゴムクローラー本体の脱着、フレーム内部の小石を取る場合に使用します。

 

  • 潤滑オイルスプレー

潤滑オイルスプレーはテンションボルト・伸縮部の滑りを良くする効果があります。長年の使用で部品同士の接続部分サビついている場合がありますので、スムーズな作業を進めるためにも用意しておいた方が良いです。

2.ゴムクローラーを取り換える前の確認作業

ゴムクローラーを交換する前には確認作業が必要です。

 

まずは、ゴムクローラーを交換する機体を置いている場所を確認しましょう。交換時に機体を持ち上げるため、土などの地盤が柔らかい場所での作業ではバランスが崩れやすくなり、交換中に機体が倒れて事故が起きる危険性が高くなります。

 

そのため、アスファルトやコンクリートなどの地盤が硬く、平坦な場所に置いて交換するようにしましょう。

 

また、機体やゴムクローラーを長年使用していた場合、サビや泥が固まっていたり、内部に小石が挟まっていることがあります。その場合は事前に機体を洗車したり、サビや泥を落としたり、小石を取っておくと後の作業をスムーズに行うことができます。

3.ゴムクローラーを交換する6つのステップ

ゴムクローラーを交換する6つのステップのイメージ画像

 

ここからは実際にゴムクローラーを交換する手順について説明していきます。

 

交換の手順は考え方やゴムクローラーの構造によって様々ですが、簡単に大きく分けるとその工程は6つになります。

 

  1. 機体を持ち上げる
  2. アイドラー調整ボルトを緩める
  3. アイドラーを(内側に)戻す
  4. 内側の芯金部を各ローラーから外側に外す
  5. スプロケットにゴムクローラーの芯金を掛ける
  6. ゴムクローラーを張る

 

この6つの工程を終え、最終確認の段階までできればゴムクローラーの交換は終了となります。

 

次の項目から交換の6つの手順を1つずつ詳しく解説していきます。

ステップ1 機体を持ち上げる

機体を持ち上げるのイメージ画像

 

機体が地面に接地したままではゴムクローラーを交換することはできません。そこでまず始めに行わなければならないのが機体を持ち上げることです。

 

牽引フックなどを利用し、機体を持ち上げます。

 

このとき機体を高く持ち上げすぎるとバランスが崩れてしまい、倒れて事故になる危険性があるので注意が必要です。

 

ゴムクローラーの大きさによって機体を持ち上げる高さは変わりますが、目安としてゴムクローラーと地面との間に約10cmの隙間ができれば良いと言われています。

 

機体を持ち上げ、ある程度の隙間ができたら用意しておいたジャッキベースや角材を使用し、機体が降下してこないように対処してください。

 

ここでの注意点は3つあります。

 

  1. 必要以上に機体を持ち上げすぎないこと
  2. 機体が下降しないようにジャッキベースや角材で固定するまでは機体の下に潜り込んで作業しないこと
  3. エンジンを切ってから作業すること

 

この3つを意識しながら1つ目の手順を終わらせてください。

ステップ2 アイドラー調整ボルトを緩める

アイドラー調整ボルトを緩めるのイメージ画像

 

機体を持ち上げたら、次にアイドラー調整ボルトを緩めていく作業に入ります。

 

アイドラー調整ボルトはアイドラーの後方にあります。

 

ボルトを緩める前に機体のサビや泥、小石を取り除いておきましょう。また、状況に応じてオイルスプレーや潤滑油などを吹きかけておくとボルトが回りやすくなり、スムーズに作業を進めることができるのでお勧めです。

 

機種によっては、普段使用する時にアイドラー調整ボルトが緩むのを防ぐため、アイドラー調整ボルトには緩み止めボルトやロックピンなどが設けられている場合があります。無理をして回さずに、アイドラー調整ボルトを緩める前に必ずそれらを外してから作業に入ってください。

 

アイドラーは重量のある部品ですので、取り扱いの際には落下などによる怪我に注意しながら作業を進めてください。

ステップ3 アイドラーを(内側に)戻す

アイドラーを元に戻すのイメージ画像

 

アイドラー調整ボルトを緩めることができたら、アイドラーを内側に戻す作業に入ります。

 

基本的には、アイドラー調整ボルトを緩めると、アイドラーを内側に戻すことができます。しかし、たまにアイドラーを戻す時に、アイドラー調整ボルトを回すだけでは戻らない場合があります。

 

そのような場合にはハンマーや掛矢、バールなどの用意しておいた工具を使用し、アイドラーが一番内側まで戻る部分まで戻すようにしてください。

 

また、機種によってはガイドにあたり、アイドラーが戻らないことがあります。アイドラーを戻す中でガイドの干渉を感じた場合、一度、ガイドを外したうえ、前述の手順でアイドラーを戻してください。

 

機体を持ち上げる作業からアイドラーを内側に戻すまでの3つの手順が、ゴムクローラーを交換するために必要な事前準備の段階です。

 

ここまでの段階を正しい方法で行わなければゴムクローラーを外すことができませんので注意してください。

ステップ4 ゴムクローラー内側の芯金部を各ローラーから外側に外します

ゴムクローラー内側の芯金部を各ローラーから外側に外しますのイメージ画像

 

アイドラーが完全に戻り、ゴムクローラーがたるんだ状態を確認し、スプロケットを外します。

 

スプロケットを外さず作業が出来る機種もありますが、外した上で作業を行った方が、安全に素早く交換作業が行えます。ちなみに、分割式スプロケットの場合、全てを外す必要はありません。

 

なお、外した際のボルト等の部品は紛失しないように保管しておきましょう。

 

まずは、ゴムクローラーのたるみと隙間があることを確認してください。たるみが足りず、隙間がない場合は揺らして振動を与えるなどをすると隙間を作ることができます。

 

手で動かせそうな場合は、そのままゴムクローラーを外側に外してください。

 

もし、手で動かない場合、たるみによってできた隙間にバールや強度のある金属パイプを差し込み、テコの原理を利用して外側へとゴムクローラーを外してください。

 

ゴムクローラーはアイドラー同様に重量があり、見た目以上に重い部品でとなります。そのためゴムクローラーを外す際は、落下による怪我に注意してください。

 

外したゴムクローラーを落とすと、巻き込まれる可能性もございます。ゴムクローラーを外した後にも気を抜かないでください。

 

ゴムクローラーを外さなければ見えない部分の破損や消耗具合を確認し、必要に応じて手入れをしておくこともおすすめします。

ステップ5 スプロケット(駆動輪・山がある方)にゴムクローラーの芯金(リンク)を掛ける

スプロケット(駆動輪・山がある方)にゴムクローラーの芯金(リンク)を掛けるのイメージ画像

ゴムクローラーを外し終えたら、いよいよ新しいゴムクローラーを装着する作業に入ります。

 

機種によってはゴムクローラーの前後が決まっていることがありますので、交換前に確認をしてください。

 

新しいゴムクローラーに交換する場合、まずはスプロケット側にゴムクローラーの芯金部分を掛けます。この時、芯金部分がスプロケットにしっかりと掛かっているかの確認作業をしてください。

 

その後、中央部分に合わせ、ゴムクローラーをはめ込んでいきます。反対側も同様に、まずはアイドラー横にゴムクローラーを掛けるようにしましょう。

 

新しいゴムクローラーは、交換前のゴムクローラーよりも硬いため、手ではめ込むことは困難です。外す時と同様にテコの原理を使用し、バールや強度のある金属パイプを使用し、外側から内側へとはめ込んでください。

 

最後まではまらない場合、エンジンをかけ、ゴムクローラーを少し回転させるという方法もあります。エンジンをかけてはめ込む場合は、巻き込まれないように注意してください。

ステップ6 ゴムクローラーを張る

ゴムクローラーを張るのイメージ画像

 

はめ込んだだけではゴムクローラーはたるんだままです。

 

そこで、最後に、はめ込んだゴムクローラーの張りを調整する作業を行います。張りを調整する場合にはアイドラー調整ボルトを回していきます。

 

ゴムクローラーの張り具合を確認しながらアイドラー調整ボルトを回してどんどん張って下さい。張りを強くしすぎるとゴムクローラーが傷付き、機体の破損につながります。その一方、張りが弱いと運転中にゴムクローラーが外れてしまう可能性があります。

 

そのため、張り調整の参考値は一般的には下部ローラーとゴムクローラーの接地面はほぼ隙間なく接地している状態が推奨の張り具合です。

 

新品を装着したときは初期なじみにより、ゴムクローラーが伸びる傾向にあります。随時確認して、張り具合をこまめに調整して下さい。

 

適正な張り具合がゴムクローらの寿命を延ばすとともに、機体寿命を延ばすことにつながります。

 

調整が終わったら、緩み止めボルトやロックピンを忘れずに取り付けてください。一度の調整で終わらせるのではなく、頻繁にゴムクローラーの張りを調整するようにしましょう。

ステップ7 最終確認をする

ここまでの6つの段階で新しいゴムクローラーに交換されていると思います。

 

全ての作業が終わったら、しっかりと新しいゴムクローラーを取り付けられているか最終確認を行ってください。

 

緩み止めボルトやロックピンは取り付けられているか、芯金部分のはまり具合やアイドラーの張りの強さなどを確認してください。また、この時、実際に試運転して確認してみると良いと思います。

 

異音はしないか、おかしな振動はないかなどいつもの運転と違っている部分はないかを試運転をしながら確認してください。

 

数メートルの前進、後退を繰り返し、普段の運転と比べ、変わった様子がなければ無事に新しいゴムクローラーが取り付けられています。試運転が終わったら、もう一度芯金部分、ゴムクローラーの張り、緩み止めボルトやロックピンを確認するようにしてください。

 

全て確認して問題がなければゴムクローラーの交換作業は終わりです。交換に使用した工具の手入れや場所の掃除などの後始末もしておくと良いと思います。

まとめ

今回はトラクター用のゴムクローラーの交換方法の手順について紹介しました。

 

この手順通りにやれば業者に頼まずにゴムクローラーを交換することができます。交換作業は1人で行うのは難しく危険ですので、安全に注意しながら必ず2人以上で行うようにしてください。

 

ゴムクローラーのサビや汚れ、破損、固着が酷い場合は無理に修理しようとせず、修理業者やメーカーに依頼して交換してもらうようにしてください。

 

また、ゴムクローラーは使用期間や使用頻度によって伸び縮みをします。ひどい場合には外れる場合もありますので、定期的に張り具合は確認をするようにしてください。

 

ゴムクローラーが壊れてから交換するのではなく、消耗具合を見ながら早めの交換をおすすめします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。